TAIJI FUJIMORI ATELIER inc.|株式会社 藤森泰司アトリエ

HOUSE VISION 2

HOUSE_VISION_2016_TOKYO_EXHIBITION

HOUSE VISION 2 / 2016 TOKYO EXHIBITION に参加します。
藤森泰司アトリエは、TOTO+YKK APのパヴィリオン(パヴィリオン10)を、建築家の五十嵐淳さんと共同設計しました。
会期は7/30~8/28。来てくださる方々に有意義な体験をもたらすような場を目指しました。是非会場に脚をお運び下さい。

藤森泰司が、会期中に以下のトークイベントに参加します。
合わせて是非お越し下さい。

8/8|月|16:00ー18:00
木の日:林野庁 × 杉本貴一 (住友林業 木化営業部)  × 貝島桃代 (建築家 アトリエ・ワン代表)  × 藤森泰司 (家具デザイナー)

8/9|火|18:00ー19:30
TOTO / YKK AP × 五十嵐淳 (建築家) × 藤森泰司 (家具デザイナー)

_______________________________________________

HOUSE VISION 2

CO-DIVIDUAL
分かれてつながる、離れてあつまる

HOUSE VISIONは「家」をさまざまな産業の交差点、つまり未来を投影する理想的なプラットフォームと考えます。
エネルギーも、通信も、移動も、高齢化社会の 可能性も、都市と地域の関係も、里山や棚田の保全の問題も、
分断された家族が再びつながる方法も「家」を起点に考えるとそこに潜在している可能性が鮮明に見えてきます。
HOUSE VISION2 2016東京展のテーマは「CO-DIVIDUAL分かれてつながる、離れてあつまる」です。
個に分断された人々、都市と地域、あるいはテクノロジーの断片を、どのように再集合させるか。
その具体案を「家」をめぐるアイデアとしてご覧ください。

会期:内覧会 2016年7月29日|金|
一般公開 2016年7月30日|土|─8月28日|日| 11:00─20:00 (最終入場受付 19:30)
会場:臨海副都心J地区 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目1
入場料:前売りチケット|一般 ¥1,500/学生 ¥1,300/一般3回券 ¥4,000/学生3回券 ¥3,000
入場チケット|一般 ¥1,800/学生 ¥1,500/一般3回券 ¥4,500/学生3回券 ¥3,500
未就学児・幼児・乳児は無料 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名)までは無料。
※学生の方は、受付時に学生証のご提示が必要となります。必ずご持参ください。
※天変地異によるイベント中止以外のチケット払戻しは行いません。
展覧会ディレクター:原研哉
企画コーディネート:土谷貞雄
主催:HOUSE VISION実行委員会
制作・進行:日本デザインセンター原デザイン研究所
会場構成:隈研吾
協賛:カッシーナ・イクスシー│奈良県
展示・会場設営:TSP太陽
制作協力:住友林業│住友林業緑化│無印良品│LIXIL│凸版印刷│Panasonic│サンエムカラー│そら植物園│ナカサアンドパートナーズ│amana│日本デザインセンター
店舗出店:代官山蔦屋書店│Anjin│奈良県
問い合わせ先:HOUSE VISION事務局 info@house-vision.jp

HP:http://house-vision.jp/

Close

Windsor Department / Exhibition 04

wd04_dm-ss


藤森泰司、INODA+SVEJE、DRILL DESIGNの3組により、
2011年に結成されたデザイングループ「Windsor Department」の第4回目の展覧会を開催します。

_______________________________

Windsor Department 04

たとえば家のダイニングや町の喫茶店などで、おそらく誰もがどこかで目にしているであろう、古くから日常にあるアノニマスな椅子、ウィンザーチェア。
Windsor Department (ウィンザーデパートメント) は、藤森泰司、INODA+SVEJE、DRILL DESIGN の3 組のデザイナーによる活動で、その名のとおり、ウィンザーチェアを研究するデザイングループです。
ウィンザーチェアをある時に意識し、そのかたち、空気、えも言われぬ魅力を感じ、一体この椅子は何なのだろう?という問いが生まれました。そこから、ウィンザーチェアという椅子の形式の考察を始め、さらにそれぞれのアプローチで“ウィンザー的なる魅力” とは何か?という問いに対して、3 組のデザイナーがそれぞれの解答を探し、新しい椅子のプロトタイプを制作し、初めて発表をしたのは2011 年のことです。そして今回が4 回目の研究発表となります。
デザイナーにとって研究とは、生活の中で何かに触れた時に生まれた直感をきっかけに、リサーチをした内容を言葉ではなく形にすることです。3 組が新たに導き出したウィンザーチェアと、過去の3 回の作品を合わせて展示することで、それぞれのデザイナーがどのような思考をたどり、進化していったのかを浮かび上がらせます。

Windsor Department (ウィンザーデパートメント)
メンバー:藤森泰司 / INODA+SVEJE / DRILL DESIGN

会期:2016年6月10日(金)~6月18日(土)
11:00 – 18:00 入場無料
ギャラリートーク 6月11日(土) 16:30 – 18:00 /定員30名
オープニングレセプション 6月11日(土) 18:00 – 20:00
会場:gallery 5610
東京都港区南青山5-6-10 (東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅B3出口より3分)
主催:ウィンザーデパートメント
協力:株式会社五反田製作所/株式会社スタジオアナグラム/株式会社デスカ/
株式会社プレステージジャパン/フルスイング
株式会社宮崎椅子製作所/ 吉永製作所

Close

press2016

HOUSE VISION 2 2016 TOKYO EXHIBITION

2016年8月発行 / p134~145
[内と外の間/家具と部屋の間]
TOTO•YKK AP×五十嵐淳•藤森泰司

HOUSE VISION 2
CO-DIVIDUAL
分かれてつながる/離れてあつまる

2016年7月発行 / p160~165
[部屋と家具の間(あいだ)]

ELLE DECOR

2016年6月号 / p206
[ ページ名・特集名等 ]

コンフォルト

2016年4月号  / p145
[ シンプルを極めたシェルチェア ]

offer

2016年, vol43 / p08
[ 富山を変えるデザインの力 ]

JDN

特別対談 / 鈴木マサル×藤森泰司

家に会いに。

「無印良品の家」カタログ+web
2016年2月発行 / p000~000
[ vol.20 音色の家 ]

Close

FORMAX NEW COLLECTION 2016

estic_web

FORMAXブランドの2016の新作を発表します。
藤森泰司アトリエは、ソファ、ラウンジチェアー、リビングテーブル、TVボードをデザインしました。

柔らかい印象でありながら力強さも合わせ持つ商品群を目指しました。

是非、実際に触れて体感していただければ幸いです。

藤森泰司もレセプションパーティ時(10/23, PM6:00~PM8:00)に会場におります。
是非お声がけ下さい。

FORMAX NEW COLLECTION 2016
日時:2015年10月23日(金)
AM10:30~PM7:00
レセプションパーティ
2015年10月23日(金)PM6:00~PM8:00
会場:エスティック, フォルマックス表参道
東京都渋谷区神宮前4-10-4
tel / 03-5786-2556
地下鉄, 表参道駅A2出口より徒歩3分

http://www.estic-jp.com/

Close

GOOD DESIGN AWARD 2015

 good-design

教育用家具「地域産材で作る自分で組み立てるつくえ」がグッドデザイン賞特別賞を受賞しました。
地域産材で作る自分で組み立てるつくえ」/ GOOD DESIGN AWARD 2015 “Special Award”
“グッドデザイン・未来づくりデザイン賞” ( 経済産業省商務情報政策局長賞 )

シニア施設向けに開発した、アルティ社の「Tansy / タンジー」がグッドデザイン賞を受賞しました。
また、このチェアは、グッドデザイン・ジャパニーズファニチャーセレクション2015」にも選定されました。
Tansy / タンジー」/ GOOD DESIGN AWARD 2015

グッドデザイン・ジャパニーズファニチャーセレクション 2015」 / JAPANESE FURNITURE SELECTION 2015

 

 

 

Close

人づくりプロジェクト2015

web-tanseisha

今年のテーマは「私たちがオクルモノ」。藤森泰司アトリエは、今年で4回目の参加となります。
今回は、今までとはまったく異なるアプローチでデザインしました。
機能性を超えた「モノ」の魅力とは何か?
そんなことを考えながら小さなオブジェを作りました。
キーワードは、スケール、重さ、テクスチャーの3つです。
是非、ご覧になってください。そして触れてみてください!
ギャラリートークもあります。(下記webサイトをご覧下さい)

「人づくりプロジェクト2015 私たちがオクルモノ」
会期:2015年10月1日(木)~6日(火)
時間:11:00~19:00 ※最終日のみ17:00まで
会場:アクシスギャラリー
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4階
入場料:無料
主催:株式会社 丹青社
http://www.tanseisha.co.jp/news/info/2015/post-14703

Close

Press 2015

jiku

連載コラム「クリエイターに想いを尋ねて」第10回

モダンリビング

2015年11月号 / p192,193
[ 軽快インテリア談義VOL.03 ]

いたくら ITAKURA HOUSE

2015年3月号 / p30
[ スギとヒノキの日本の家具 ]

Hang Stool

東京グラフィティ

2015年3月号 / p79
[ クリエイターのすきなもの ]

ELLE DECOR

2015年2月号 / p167
[ TOKYO DESIGN WEEK 2014 ]

Shopping Design

2015年1月号 / p58,59 / Taiwan
[ 東京學 TOKYO IN SIGHT ]

Casa BRUTUS

2015年1月号 / p167
[ DESIN WEEK IN TOKYO2014 ]

MY HOME+

2015年1月号 / p86
[ DINING TABLE & CHAIRS ]

別冊付録 p8

Close

how studio 2014

hs2014

今年で2回目を向かえるhow studio。昨年と一部メンバーを入れ替え、
注目のデザイナー4組がそれぞれのスタジオ、および特別会場で新作やプロトタイプを展示公開いたします。
国内外で活躍する各デザイナーがどのようなプロセスでデザインを生み出しているのか?
リアルな制作場所でそのプロセスをダイレクトに体感できる貴重な機会を、是非お楽しみください。

WHAT’S how studio
デザインはどのような場所で生み出されているのでしょうか。
デザインやファッションなど、クリエイションに携わる人々の事務所が多く点在することで知られる中目黒/目黒のエリア。
この場所に事務所を構えるクリエイターが、デザインウィークの期間中にアトリエやスタジオを開放し、
それぞれの制作環境や新作のプロトタイプを展示するなど、
期間中にしか見ることのできないパーソナルな特別展示を開催いたします。

how studio ディレクター:西川里枝

参加事務所:
藤森泰司 / TAIJI FUJIMORI ATELIER(2014.11/1.2.3, 12:00 – 19:00)
倉本仁 / JIN KURAMOTO STUDIO(2014.11/1.2.3, 12:00 – 19:00)
角田陽太 / YOTA KAKUDA DESIGN(2014.11/1.2, 12:00 – 20:00)
鈴木啓太 / PRODUCT DESIGN CENTER(2014.11/1.2, 12:00 – 19:00)

期間|2014年11月1日(土)~ 3日(月・祝)
時間|12:00~19:00
場所|各デザイン事務所
※日時は事務所により異なります。
※藤森泰司アトリエは上記の通りです。場所は下記リンクをご参照ください。
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zqmOkrreKRfQ.k6f9AlXfUIH4

トーク&パーティー開催
日時|11月1日(土)19:00~24:00
会場|JUST ANOTHER SPACE
http://www.justanotherspace.com/

プレス問い合わせ先:FLOOAT,Inc  石野田輝旭  tel 03-6804-2859  ishinoda@flooat.jp

Close

人づくりプロジェクト2014

shelften2014

今年のテーマは「◯◯の居場所」。今年で3回目の参加となる藤森泰司アトリエは「1人のための居場所」を考えてデザインしました。是非、足をお運び下さい!
10/3(金)19:00~21:00にはトークセッションも行われます。

「人づくりプロジェクト展2014 ○○の居場所」
会期:2014年10月2日(木)~7日(火)
時間:11:00~19:00 ※最終日のみ17:00まで
会場:アクシスギャラリー
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4階
入場料:無料
主催:株式会社 丹青社
http://www.tanseisha.co.jp/news/info/2014/post-12889

Close

Windsor Department 03

wd03

藤森泰司、INODA+SVEJE、DRILL DESIGNの3組により、
2011年に結成されたデザイングループ「Windsor Department」の第3回目の展覧会を開催します。

_________________________

Windsor Department 03

たとえば家のダイニングや、喫茶店だったり、おそらく誰もがどこかで目にしているであろう、古くから日常にあるアノニマスな椅子、ウィンザーチェア。Windsor Departmentは、その名のとおり、ウィンザーチェアという椅子の形式を探る、デザイナーによるデザイングループ。一体この“ウィンザー的なる魅力”は何なのだろう?という問いに対して、3組のデザイナーがそれぞれのアプローチで回答を探し、次のデザインにつなげていくことを目的としています。
第3回目となる今回は、3組のデザイナーが新たに導き出した、現在形のウィンザーチェアとともに、
これまでに生みだしたウィンザーチェア10種類を、それぞれのデザインプロセスと合わせて展示します。

Windsor Department (ウィンザーデパートメント)
メンバー  :  藤森泰司 / inoda+sveje / DRILL DESIGN

会期:2014年9月9日(火)~9月14日(日)
11:00~19:00  最終日16時まで 入場無料
オープニングレセプション 9月9日(火) 18:00~20:00
トークイベント 9月13日(土) 16:00~18:00
会場 : ギャラリー  ル・ベイン
東京都港区西麻布3-16-28 tel 03-3479-3843
主催:ウィンザーデパートメント (藤森泰司 / イノダスヴァイエ / ドリルデザイン)
協力:株式会社スタジオアナグラム / 株式会社プレステージジャパン /
株式会社宮崎椅子製作所 / 株式会社リラインス

http://windsordepartment.com/

Close
Loading...

次ページへ »

TAIJI FUJIMORI ATELIER

Furniture, Product, Interior Design

〒142-0062
東京都品川区小山1-9-2-1F
-
Tel03-5788-2575
Fax03-5788-2576
Email

Close